フォーティーン CT 112 ドライバー 試打評価

フォーティーン CT 112 ドライバー

長尺ドライバーの先駆者の評判は聞いたことが

ありましたが、実際に打つのは初めて。

その結果は??

 

 

フォーティーン CT 112 ドライバー

foct

このクラブは、フォーティーンが30周年の記念として

発売されていたモデルのようです。

 

「飛距離が出るよ」と言うことで試してみる事にしました。

正直、フォーティーンについては、全く無知です。

実際に打ってみると・・・

 

 

フォーティーン CT 112 ドライバー スペック

シャフト:FUJIKURA ROMBAX TYPE-S

シャフト重量:64g

硬さ:S

 

 

フォーティーン CT 112 ドライバー を試打してみました

構えた印象

フェースのヒール側とトゥ側の厚みの差が大きく、違和感を少し感じます。

わずかにフックフェースなので、スライサーの方向きです。

フォーティーンのドライバーの最大の特徴が長さです。

47インチの長尺ドライバーです。構えた感じからやはり長さを感じます。

練習で慣れればいいのでしょうが、第一印象としてはどうやって振ろう・・となります。

 

振り心地

やはり長尺のためでしょうか。クラブ全体のバランスにどうも慣れず、

私にはとても振りづらかったです。

シャフトにもよるかもしれませんが、このシャフトとのセットでの購入を

考えている方は、相当の練習を覚悟された方がいいと思います。

 

打感

ソフトな印象でした。

フェースに吸い付いて長く乗っている感じがありました。

打感は高評価です。

 

打音

少し高めの金属音がします。

「カキーン」に近い感じです。

高めの音が好きな方にはお薦めです。

 

総評

今回はROMBAXのシャフトでの試打でしたが、シャフトによって

振り心地だけでなく打感や打音などのクラブ特性さえも

大きく変わる印象がありました。

シャフト次第で良くも悪くもなるクラブだと思います。

 

 

 

 

ゴルフ上達法

私でも、手っ取り早く90を切ることができた

めちゃくちゃ簡単な方法がこれです

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。