ゴルフ ドライバー 打ち方

a1180_005309

 

ゴルフ ドライバー 打ち方

ドライバーはゴルフクラブの中で一番重要と思っています。

なぜなら、まず最初に打つショットがドライバーだから。

 

このドライバーショットで、その日のゴルフの流れが決まることもあるんです。

確かに、気分的にも大きく違ってきますね(笑)

 

まずは、ドライバーの基本的な打ち方を紹介してみます。

 

ドライバーの基本的な打ち方

ドライバーショットの基本はアイアンショットと大きくは変わりません。

ボールは、左足かかとの内側の前に置きましょう。

 

アドレス時の手の位置はアゴの下に来るように構え、

体重は左右の足に 50/50の比率で乗るようにします。

 

少しフラットなスイングプレーンをイメージして肩を大きくゆっくりと

回転させながらクラブを低く遠くに引いて行きます。

 

ダウンスイングでは、体の軸が左側に流れないように注意。

ダウンスイングでは軸を中心に保ち、ビハインド・ザ・ボールを

必ず意識して、スイングしましょう。

 

まずは、このリズムを体で覚えて何度も練習してみましょう。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。