ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE707ドライバー 試打

 ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE707ドライバーの試打評価です。

相変わらずツアーステージはかっこいいです。

ブリジストンのドライバーはいつも気になります。
やっとこさ試打してきましたよ!

 

 

ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE707ドライバーの仕様は?

 

まず、パット見が『カッコイイ』デザインなんです。

それだけでほしくなります(笑)

 

ツアステだな~~~と思わせてくれます。

こういうのはいいですよね。

 

ブランドを感じさせてくれます。

なんせ、持ちたくなるかっこよさです。

 

この『X-DRIVE 707』には、「チューニング機能」が付いています。

ツアーステージには、このようなタイプのものがなかったので

ちょっと意外でしたが、他のものにはついてるのが当たり前に

なってきているので流れなのかもしれませんね。

 

ツアーステージ X-DRIVE707ドライバー スペック

ロフト角 10.5度

長さ 45.25インチ

総重量 311g

 

ツアーステージ X-DRIVE707ドライバー を試打してみました

ヘッドはディープになるんでしょうか?

なんせ、綺麗でほれぼれします。

顔は丸い感じです。

 

素振りをしてみました。

いままでの『X-DRIVEのドライバー』に比べると、

軽く感じました。

 

シャフトもいい感じです。

タフさが感じられませんが、個人的には気に入りました。

 

『打感』は、硬すぎず非常にいいです。

調度いい、ホントそんな感じでした。

 

ヒッター向けではあると思いますが、決して癖があるわけでもなく

扱いやすい印象を感じました。

 

飛距離も良く飛んでくれます。

安定感があると感じました、

シビア過ぎる感じもありません。

 

チューニング機能はありますが、ノーマルで全然問題ないように
感じます。

 

さすが、ツアーステージ!と思わせてくれるドライバーです。

 

こういったドライバーは打っていて楽しくなりますね。

購入を考えています。

 

ツアーステージ X-DRIVE707ドライバーの詳細はこちら!

 

image443

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。