ピン(PING) G30 試打評価

 ピン G30の試打評価です。

かなり気になっていたピンのGシリーズ。

遂に試打ちしてきました!!
打ちやすさを徹底的に追求してきたモデル。

もう期待でワクワクしちゃいます♪

 

ピン G30の仕様は?

バッバ・ワトソンをはじめ、多くのピン契約が

使用していた『G25 ドライバー』の後継機種です。期待してしまいます。

一番の特徴が、フェース上部の「タービュレーター」ですね。

空気抵抗が減るようで、ヘッドスピードのアップ効果があるようです。

ボディはシャローです。見た目はかなりカッコイイです。

 

タービュレーターは突起になっているんですが、

打つ際にこのタービュレーターが目安になってくれます。

僕自身は打ちやすく感じました。

 

ピンG30 スペック

オリジナルカーボンシャフト「TFC390D」Sフレックス装着モデル。

ロフト角 10.5度、ライ角 59度

長さ 45.75インチ

総重量 316g

ヘッド体積 460cm3

 

ピン G30 を試打してみました

持った感じは結構しっかりしています。

重量はいい感じですね。かといって重くは感じません。

まず、1球打ったところで・・・・

えっ!!って感じでした。

かなりしっかり飛んでいきました。

 

初速が速く、音はやや高めですが、高くあがり

真っ直ぐズドーンと飛んでいきました。

まぐれかも、なんて思いながら2球3球と打ちました。

真っ直ぐ飛んでいきます!!

 

ピンのクラブでは試打ちを何度かしたことがありますが、

このG30はかなり気に入りました。

 

なんせ、方向性が良いと感じました。

ほとんど球筋はストレートに飛んでいきます。

曲げにくいのかもしれませんが、実践ではまっすぐ飛ぶ方がいいですし。

正直、即決で買ってしまいました・・・・

なんせ、おすすめしたいドライバーでした!

 

ピン G30ンの詳細はこちら!

 

image443

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。