テーラーメイド R1ドライバーの試打評価

テーラーメイド R1ドライバーの試打評価です。

デザインが気になっていたモデルです。

ちょっとオシャレなテーラーメイドですがその実力は??

 

テーラーメイド R1ドライバー 仕様をチェック!

このR1ドライバー、以前から気になっていました。

というのが・・・デザインがかっこいい!!という理由です。

ヘッド素材は、チタン、ヘッド体積が460cc

シャフト素材はカーボン、長さが45.5インチ

 

特徴的なのが、ネックのロフト調整機能で、ひとつのヘッドで8~12度まで

12ポジションの調整が可能です。

 

真ん中の調整システムのオレンジ色が目立ちます。

個人的にはこのオレンジ部分は気に入ってます。【外観がね)

目盛が細かくて、微妙な調整ができそうです。

約160通り以上の調整ができるとか!?

正直、そこまで私は調整できないんですが・・・

でも、いろいろ調整しながら打てる楽しみはありますね。

ネックには調整用のビスがあり、シャフトが簡単に交換できるのもいいですね。

 

テーラーメイド R1ドライバー を試打してみました

まず振ってみた感想ですが、結構重いです。

いい感じでした。ただちょっとシャフトが物足りないかな・・・

 

打ってみると、少し感じが変わりました。

飛距離性能はかなり高い印象がありました。

しかし、フェード気味・・・なかなか調整ができませんでした。

これは、私の腕のせいですね・・・

 

打感は、やや硬めですかね。

ハードヒッター向けなんですかね?

個人的には、合いませんでした。

 

捕まりもかなり弱い印象でした。

 

個人的には、最初の印象と打ってからの印象の落差が

激しいドライバーでしたね。

そもそも、僕の技量不足によるところが大きいですが(笑)

 

何度か試打ちはしたいと思いましたが、僕は購入はしないかな 

テーラーメイド R1ドライバー詳細

 

image4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。